ボトックス小顔になれる美容外科!顔のエラを解消させる効果もある

サイトメニュー

ボトックス注射の持続力

医者と看護師

ボトックス注射の効果の持続性

ボトックス注射を顔にすると、気になっていたエラを無くしてくれます。それに、ボトックス小顔になることも出来ます。しかし、その効果はずっと続くものではありません。人によって効果が続くのには違いがありますが、半年くらい~1年くらいで、ボトックス注射の効果は無くなってしまいます。けれど、ボトックス小顔になれた方が元の大きさの顔に戻ったり、顔にエラが張ってきたりするのは、ボトック注射の効果が無くなってから、約2~4週間経過してからになります。なので、ボトックスの効果が無くなってきた時は、その間に対処する必要がありますよ。対処を早めに行うために、ボトックス注射をした後は、定期的に自分の顔の状態をチェックすると良いでしょう。チェックの際に、エラが張ってきていた場合は、ボトックス注射を受けた美容外科に連絡してください。そして、どんな感じになっているかを伝えて、どう対処すればいいかを確認すると良いですね。
ボトックス注射の効果を持続させる方法が一つあります。それは、定期的にボトックス注射を受けることです。ボトックス注射の効果には期限がありますが、何回もボトックス成分を注入することにより、その持続性は上がってきます。なので、初めてボトックス注射を受けた際の持続期間が半年ほどの場合、2回目の注射では、効果が7ヶ月ほどは持続するでしょう。ただし、その効果が持続するかどうかには、個人によって差が生じてしまいます。そのため、ボトックス注射を受けた美容外科にて、ボトックスの効果がどれくらい続いているかを定期的にチェックしてもらうと確実です。また、ボトックス注射を受ける頻度を狭めることにより、ボトックスの効果を長持ちさせることも可能です。そのため、4~6ケ月の頻度で、ボトックス注射を受けると良いでしょう。それを5回ほど続けると、ボトックス小顔効果がずっと持続することもあるのでオススメですよ。

ボトックス注射を受ける基準【2回目以降の場合】

ボトックス注射にて、エラ張りが解消されたり、ボトックス小顔になれたりしますが、その効果には持続性はありません。そのため、効果がきれた際に、再度ボトックス注射を受ける必要があります。しかし、どれくらいの頻度で、ボトックス注射を受けないといけないかが分からない方もいるでしょう。頻度を決める基準として、ボトックス注射を受けた時の顔の状態が分かるように写真を撮っておくと良いですよ。そして、1ケ月ごとに、顔写真を撮っていき、ボトックス注射を受けた時と変化していないかを判断してください。そして、顔が変化していた場合、ボトックス注射をしてもらった美容外科にて、再度ボトックス注射を受けると良いでしょう。ちなみに、ボトックス注射を受ければ受けるほど、ボトックス小顔効果が高まります。なので、初めてボトックス注射を受けた時のより、2回目以降にボトックス注射を受けた時の方が、フェイスラインが良くなっている方が多い傾向にあるようです。

Copyright© 2019 ボトックス小顔になれる美容外科!顔のエラを解消させる効果もある All Rights Reserved.