ボトックス小顔になれる美容外科!顔のエラを解消させる効果もある

サイトメニュー

安心して注射出来る

注射器

ボトックス注射と美容手術の違いとは?

あご部分がエラ張っていると感じている方もいるでしょう。また、人より顔が大きいと感じている方もいるでしょう。そんな方々の中には、美容手術を行って、エラ張りを無くしたり、小顔になったりしたいと考えている方もいるかもしれません。ただ、美容手術は主に外科手術を行うことになり、保険がかからない場合もあります。その場合、手術にかかる料金が高くなってしまいます。それに、メスで顔を切ることになるので、回復するのが遅くなってしまう方もいるようです。そのリスク面を負いたくない方は、外科手術以外の方法も検討してみる必要があるでしょう。
ボトックス小顔効果やエラ張りを解消させる効果があると、ボトックス注射は言われています。それに、美容手術とは異なり、体にかかる負担も比較的少ないです。また、ボトックス注射は、一度に2回のメリットを体験出来ます。例えば、エラ張りを解消させる目的で、ボトックス注射を行うと、ボトックス小顔効果が体験出来るでしょう。それに、ボトックス注射は、料金面もお得なため、美容手術を受けるよりも安価にて施術を受けることが可能です。なので、一度のボトックス注射により、エラ張りが解消させると同時にボトックス小顔にもなれて、支払う料金も少なくて済むようです。そして、ボトックス注射は、半年か1年ほどにより、効果が無くなる施術になります。そのため、ボトックス小顔効果やエラ張り効果などが体感出来ない場合、2度目のボトックス注射は止めてください。すると、副作用の心配も無く、自然に注射前の状態に戻っていきますよ。

ボトックス注射で副作用が出る方もいる

女性が喜ぶ効果がたくさんあるボトックス注射は、人によって、副作用が出てしまうこともあります。ボトックス注射に含まれているボツリヌストキシンには、筋肉が過剰に働いてしまうことで起こるエラやシワに効果的です。しかし、その効果は筋肉の働きを抑制することで現れるため、抑制する力が強くなってしまうと、腫れたり、アザが出来たりする方もいるでしょう。ひどい場合だと、顔の筋肉が動かなくなり、表情がつくりづらくなってしまう神経麻痺やまぶたが開きづらくなってしまう眼瞼下垂になってしまう恐れが出てきます。なので、ボトックス注射をする前に、これらの副作用が出るということを知っておくようにしてください。そして、安心して施術を受けられる美容外科を選んでから、ボトックス注射をしてもらうようにしましょう。
ボトックス注射の副作用は、上記に書かれている以外に、筋肉麻痺になることもあるでしょう。そうなってしまうと、筋肉を動かしづらくなる上に、筋肉低下にも繋がるようです。また、筋肉が低下してしまうことで起こる弊害もあります。それは、皮膚がたるんでしまうことです。顔の皮膚がたるんでしまうと、老けた印象に見られてしまうため、せっかくボトックス注射でエラコンプレックスが無くなっても、次にたるみコンプレックスが出来てしまうでしょうね。
ボトックス注射にある副作用は、様々ですが、それらの症状が出ないようにする方法もあります。それは、施術前に行うカウンセリングで、しっかりと医師と相談することです。カウンセリングで、自身の体に負担がないボトックス治療を行うようにすると良いでしょう。ボトックスを注入する量や注入する頻度などをシッカリと決めておくようにしてください。そして、自分に合ったボトックス治療のスタイルを見つけるようにしましょう。そうすると、副作用で起こってしまう症状が出にくくなります。そして、ボトックス治療を行う美容外科を選ぶ時は、厚生労働省にて認可されているボトックスを使っている所で治療を受けると、更に良いですよ。

Copyright© 2019 ボトックス小顔になれる美容外科!顔のエラを解消させる効果もある All Rights Reserved.